あすなろ米 840g [会員]

白米と一緒に炊ける、玄米(ゲンマイ)。
雑穀と同じように、白米に混ぜて炊けます。

   原産地:岡山県
   種子:在来種
   生産方法:自然栽培
   内容量:840g(約6合)
   特徴:肥料不使用
   浸水時間:1時間以上
   炊飯モード:白米

緑が濃く表面がやわらかで、甘みの強い玄米です。
食物繊維やGABAを多く含み、
玄米の中でも、デトックス効果が期待できます。
白米モードで炊くことができ、ほかの玄米で、
挫折された方でも、気軽に始められるのが特徴です。

変わらないと思っていた、自分の体質・性格。
肥満・発疹・歯周病・肩こり・せっかち etc…
それは、白米・肉食・乳製品のせいかもしれません。
玄米菜食は、新しい自分を見つけるパスポート
日本人が伝統的に培ってきた、知恵の結晶なのです。

主食は、人間の味覚を決定する重要なファクター
そしてこれにより、私達の食生活全般は形作られます。
価値・技術が目まぐるしく変化する、現代においても、
人間の身体は、そう簡単には変わってくれません。

化学肥料・放射線育種・遺伝子組み換え・土壌劣化

私達はもはや、普通に五十年前と同じ食生活を、
することさえ、困難になりつつあると言えます。
この急激な変化が、様々な部分で人間の身体に影響し、
生活習慣病を、作り出しているのかもしれません。
玄米菜食は、そんな私達の片寄った生活への、
回答となるのではないかと、我々は考えています。

日本人は昔から、和魂漢才・和魂洋才と、
言われるように、外来の文化を受容してきました。
たとえば、漢字とひらがなにしても、それは、
古代日本の話し言葉と、古代中国文字を融合させる、
世界でも例を見ない、文字表記法でありました。
私達はこのように、新しい外来文化を自らの生活に、
取り入れつつも、それを自分たちに合うように、
アレンジして、より良く暮らすことを目指したのです。

近代にはいり、私達は様々な歴史的苦悩に見舞われ、
より早く効率的に、物事を進めなければならなかった。
しかし、その影響で、私達がそれまでしてきた、
外来文化を昇華し、自らの血肉とする、この過程が、
弱くなってしまったのではないかと、我々は考えます。
私達はいま一度、日本人とは何かを見直し、そこから、
新しい文化を、生み出さねばならないのではないか。
それが、私達にとって、未来に向かう、
より良い道なのではないかと、我々は考えるのです。

玄米菜食は、自分を見直し、新しい自分に出会う、
ひとつのツールである、というのが、我々の提案です。
  • 972円(税込)

型番 asunaro01